日記: 安い(格安|激安)自動車保険比較サイト

自動車保険の一括見積もりは超便利!

インターネットの良いところは、保険などに関しても様々な情報を得られる点ですよね。特に、自動車保険なんか、何処が良いのか比較するのって、とても面倒だし大変です。そんな時こそ、一括見積もりサービス利用してみて下さい。コレ、超便利です。入力項目を入れて、ボタン押せばOKですから、これ以上の便利さはありません。自動車保険は「免許証がゴールドか」「走行距離」・「事故暦」・「通勤・通学に使用しているかなどの使用用途」・「ドライバー年齢」・「ドライバー範囲(運転者複数の場合)」などの使用用途やドライバー自身の要素によって、保険会社によりおおきく価格が変わります。複数の保険会社の中から、自分の条件で一番安くなる保険をみつけなければなりません。しかし、たくさんの保険会社に個別に見積りをとるのは、手間と時間がかかります。それを解決してくれるのが自動車保険一括見積もりです。自動車保険 一括見積もりサービスを利用すれば、あなたの年齢や利用タイプにあわせた保険会社を簡単に探すことができます。自動車保険一括見積もりのサービスを利用すれば、見積もり条件を入力するだけで、一番安くなるサービスを、手間も時間もかけずに比較・見積もりすることができます。自動車保険一括見積もりは、事故を起こしてしまった際の補償料や支払われる保険料を『同条件』として考えた場合の実際の保険料で比較できます。 自動車保険一括見積もりには次のようなサービスがあります。見積もりサービスを利用する場合には、免許証、現在の保険証券、車検証を手元に用意しておきます。インズウェブでは最大20社の自動車保険見積もりを一括請求できます。保険スクエアbang!では最大15社の自動車保険見積もりを一括請求できます。イオン保険マーケットでは最大18社の自動車保険見積もりを一括請求できます。

カテゴリー:日記
エントリー:自動車保険の一括見積もりは超便利!

自動車保険・免責事項と解約手続

自動車保険に加入していれば、自動車に関する全ての事故に関して保険金が下りるわけではありません。ある条件下における事故に関しては保険金が下りないと言う事があります。その条件が免責事由です。たとえば飲酒運転です。規定以上のアルコールを摂取して運転していて起きた事故によって引き起こされた全ての損害に対し、保険金は下りません。他にも、無免許運転、使用人の故意による事故、使用人の重大な過失に起因する事故など保険加入者に大きな責任がある事故は、免責事由となり、保険金が下りません。また、地震や津波による車両の損害、自動車から取り外されている付属品の損害、輸送中の損害、タイヤのパンクなども免責事由に当たります。これらの例はあくまでも一般的なもので、詳細は加入した保険会社に問い合わせて確認するようにしましょう。保険金が下りるか下りないかはその後の人生を大きく左右します。それが自動車保険の免責事由に入っているかどうかのチェックは決して怠らないようにしましょう。次に、自動車保険の解約方法について説明します。まず、保険を解約する場合、加入義務のある「自賠責保険」か、任意の加入の「任意保険」かで異なります。自賠責保険の場合、任意の時期に解約する事は出来ません。自賠責保険を解約できるのは「適用除外者となった時」「告知義務違反の時」「重複契約の時」「自動車を廃車にした時」の4つの場合のみです。これに対し、任意保険の場合はいつでも解約する事が出来ます。

カテゴリー:日記
エントリー:自動車保険・免責事項と解約手続

自動車保険どれを選ぶの???

自動車保険の選択肢が増えることは喜ばしいのですが、あまりに多岐に渡ると、どれを選んでよいやら困惑してしまいます。自動車保険の完全自由化以来、各保険会社から多種多様な商品が販売されています。『人身傷害補償』をメインとした補償充実型や満期時に期間中の事故が所定回数以内なら『満期払戻金』が戻る商品、積立型の貯蓄商品など、多様化が進んでいます 。それではどんな自動車保険を選んだらよいのでしょうか。自分は大丈夫!とは思っていても、事故はいつ、どこで起こるかわかりません。万一、事故にあってしまった場合の対応は各保険会社によって異なります。補償内容やサービスのなかで事故対応は自動車保険選びのポイントの一つです。いつ、どこで起こるかわからない事故だけに24時間・365日体制で事故に対応するのは保険業界の常識になっています。ソニー損保では、「即日安心365」サービスという新しいサービスをスタートしました。このサービスでは、1年365日 0時から20時の間に事故の受付が完了するなど一定の条件を満たした場合には、その日のうちに事故の相手方や病院、修理工場などの関係各所に連絡し、代車を手配するなどの初期対応を行った上で、原則当日中(20時以降は翌日)に、その日に行った対応の内容や事故解決までの流れなどについて説明してもらうことができます。同様のサービスは三井ダイレクト損保でも提供されています。事故直後の不安な状況のなかで、スピーディかつきめの細かい対応が受けられる安心感は、自動車保険選びの重要なポイントです。

カテゴリー:日記
エントリー:自動車保険どれを選ぶの???



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。