日記: 安い(格安|激安)自動車保険比較サイト

バイク保険の見積もり

インターネットの世界はとても便利です。しかし、検索エンジンでリサーチしてみても、あまりにもたくさんの選択肢があり、どれを選んでよいのか判断に迷ってしまいます。これから保険に入ろう…などと言うときにも、情報は山のように集まりますが、あまりにも情報量が多すぎてどれを選んで良いやら途方に暮れてしまうこともあります。バイク保険も意外に種類が多くあるものです。バイクの任意保険に入ろうと思っても、保険会社はたくさんあります。もちろんサービスも各社で異なるため、自分の希望にあった保険を選ぶことが重要になります。そんな時に役立つのが見積りで、保険会社では保険の資料請求や見積りの請求に気軽に応じてくれます。経費の関係上代理店よりもインターネットで見積りを請求する方がお得です。保険会社以外でも、複数の会社のバイク保険の見積りを一括で請求できるサイトが多数出てきています。複数のバイク保険の見積りを集めることで同条件での保険料や、特約による保険料の違いを比べることができ、バイク保険を選ぶのが非常に楽になります。最良のバイク保険を選ぶためにまず、自分に必要な補償が何かを考えてプランを立てましょう。そのプランでの見積りを各保険会社に請求します(見積りを請求する際に書類を用意する必要があります)。この見積りの請求で気をつけたい点は、バイクの場合排気量に応じて必要な書類が異なるということです。250ccを超えるバイクの場合は車検証、125cc超250cc以下のバイクは軽自動車届出済証、125cc以下では標識交付証明書がそれぞれ必要となります。届いた見積りで保険料を見比べた結果、同じ条件ならば保険料が安い方がお得といえます。ただし、保険料が高い会社はサポートや事故対応が早い場合も多いので安い保険=いい保険とは必ずしもなりません。過剰な補償で保険料を高くしないためにも、見積りなどを十分に活用して保険に加入しましょう。

カテゴリー:日記
エントリー:バイク保険の見積もり

原チャリだって保険に入らなきゃダメです!

原チャリって差別用語ですw 原チャリだって立派に人様の足代わりに働いてくれるし、なんと言っても、ガソリン高騰のご時世に、唯一庶民の味方になってくれる相方でもあります。でも、そんな原チャリに乗っている人は、保険に入っていることが少ないようです。と言うか、原チャリにバイク保険が適応されることをご存じない方がほとんどなのです。原付保険は、125cc未満の排気量のバイクに適用される保険です。50cc〜125ccのバイクも原付と呼ばれますが、原付免許及び普通免許で乗れるのは50cc未満のバイクに限られます。この原付保険には、強制保険のほかに、任意保険と言われる保険があります。しかし年間保険料が4万円前後と結構高額になっています。そのせいかお金のない学生を初め、多くの人が加入していないようです。走るだけであれば年間7千円ほどの自賠責保険にさえ加入していれば問題ありません。しかし、万一事故があった場合、相手の怪我の程度によっては自賠責だけではまかないきれないでしょう。また自賠責の補償は相手のみになるため、自分が大怪我をしやすいバイク事故では補償が不十分といえます。ではなぜ原付保険に加入しないのでしょうか?理由の1つが上でも述べた割高な保険料です。十分な補償を受けられるようにプランを組むと年間4万円を超えてしまうため、保険に加入せずに乗ってしまうのでしょう。第2に、普通免許さえあれば原付に乗れてしまうため、自転車感覚で原付保険無しで乗ってしまう人が多いこと。さらに、これは自賠責にもいえることですが車検がないこと。どちらの保険も年単位で更新しなければなりませんが、車検などの目安となるものがないことで、うっかり更新を忘れてしまうことが多いようです。うっかり加入を忘れることは本人の心がけ次第なのでここでは保険料について触れます。家族が普通自動車の任意保険に加入しているなら「ファミリーバイク特約」に加入すれば家族全員に保険が適用されるためこちらで十分です。また加入していない場合でも、あなたが21歳以上であれば割引きの対象となるのでこの機会に考えてみてはいかがでしょうか?

バイク保険には絶対加入しよう!

バイクは身体がむき出しです。事故を起こせば否応なしに生命の危機に関わるようなことになりかねません。そのため、自動車保険よりもバイク保険に加入することは最優先であり、重要事項にもなってきます。車や排気量251cc以上のバイクの場合は自賠責保険に加入していないと車検が通らないため、忘れていてもその時点で自賠責保険に加入・継続できるのですが、250cc以下のバイクや原付などは車検がないので、うっかり期限切れで乗り続けてしまう、などということもありえます。自賠責保険は加入が義務付けられているためこんなことがないよう、しっかりと覚えておきましょう。バイクの自賠責保険は車と同じく事故被害者のみを救済する保険のため、バイクの修理や自分のケガには一切補償は出ません。そのため任意の保険に入っておくことで補償されない部分や、自賠責で賄いきれない金額を補償することになります。この任意保険の加入率が自動車に比べて遥かに少ないのが現状です。なぜ保険に入らないのかを挙げていくと、安定した収入のない未成年のうちにバイクを購入したり、収入を得ていても車よりも高い保険料で支払能力がない場合があります。あるいは保険手続きがわからないといった理由もあるでしょう。しかし、バイクは車以上に大怪我をしやすいので自分の治療費を捻出するためにもしっかり調べて保険に入っておく方が良いでしょう。バイク保険も自動車保険同様に多くの会社で取り扱っており、サービスや保険料も多種多様です。金銭面や使用目的に合わせてプランを選択することが可能になっているので、希望に沿った保険が出てくるでしょう。同条件のプランが複数の会社から出ると思いますが、その時には見積りで比較して選ぶ事もできます。任意保険は自分の身とバイクを守る事のできる保険ですので、可能な限り加入することをお勧めします。また、万一の盗難に備えた盗難保険にも入っておきましょう。

カテゴリー:日記
エントリー:バイク保険には絶対加入しよう!



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。