日記: 安い(格安|激安)自動車保険比較サイト

自転車保険…凶器と化す混雑時のママチャリの恐怖!

数回に渡って自動車保険から離れ、バイク保険について説明してきました。原油の値上がりによりガソリン代の高騰が続く昨今、元々燃費の良いバイクが注目されています。しかし、車と違ってバイクは身体がむき出しです。その分、走る爽快感もあるのですが、危険度合いは自動車を遥かに凌駕しています。そのため、バイク保険の重要性も増しています。今回は、更にその存在すら確立していない、自転車保険についてご紹介したいと思います。あるんですよー、自転車保険って。そして、バイク事故よりも多いのが、自転車による事故なのです。混雑時、商店街を走り抜けるママチャリにドキっとしたことがある人は多いはずです。前籠に買い物、後ろにわが子、おまけに片手に傘…そんな危険なママチャリが走り回っています。自家用車などと比べたらはるかに普及が進んでいないのがバイク保険ですが、自転車保険となりますとさらにそれらを下回る普及率で、そもそも存在を知らない人も多いのかもしれません。しかし、自転車との事故で人も亡くなってる以上、自転車保険についても必要性を認識していただきたいと思います。自転車保険はその名の通り自転車での事故に対応した保険です。たかが自転車に大げさだと思われるかもしれませんが、自転車も用途によって様々あります。特にスピード重視のロードバイクなどでは事故がバイク並の大惨事になりかねません。ヘルメットなども十分に普及していないため、万一の場合のケガは大きくなるおそれがあります。他にも車に追突された場合など、自分以外の原因で事故が起こることも多いため、自転車とはいえ保険に入る必要も出てくるでしょう。自転車保険には傷害保険と賠償責任保険の2種類あり、傷害保険は自転車事故で自分が負傷した場合、賠償責任保険は自転車事故で相手に被害を与えた場合にそれぞれ補償する為の保険です。自動車保険に比べれば保険料が安い分保険金は安いですが、それでも補償が受けられる分未加入よりいいでしょう。特に賠償保険は被害者への補償なのでこちらだけでも入っておきましょう。残念ながら2004年以降多くの会社が撤退してしまったようですが、生命保険や自動車保険などに特約としてつけられるケースもまだ残っています。もちろん自転車保険を単独で扱っている会社もあるので、この機会に加入してみてはいかがでしょうか?

あいおい損保の「セーフティツーリング」は秀逸!

単独のバイク保険と言うわけではありませんが、自動車保険の特約枠として存在するお得なバイク保険もあるのです。東京海上のように単独のバイク保険がなく、自動車保険の特約としてバイク保険を組み合わせるファミリーバイク特約を採用している保険会社があります。ファミリーバイク特約の対象外の大型二輪であったり、バイク保険のみが必要だったりする方もいるでしょうから、そういうケースではあいおい損保の「セーフティツーリング」などを検討されたらと思います。盗難に対応していないのが残念ですが、保険金額を自分で決めることができるので、収入にあわせてプランを組むことができます。あいおい損保はトヨタグループの参加の保険会社で、格付の評価は高く、将来的に考えると非常によい会社、ということになります。あいおい損保では対人賠償保険、対物賠償保険を最低限の補償とし、その2つのみの節約プランに人身傷害補償保険をつけた人身傷害プラン、そして搭乗者傷害保険を加えた搭乗者傷害プランがあります。そこにそれぞれ最大55kmまでの無料のレッカー現場急行サービスと故障時緊急修理サービス(こちらは人身傷害プランのみ)がサービスでついてきます。補償内容も対人、対物賠償であれば無制限まで選択でき、被保険者の年齢やバイクの排気量で保険料を区分し、できるだけ保険料を安くおさえるリスク細分型保険を採用しています。さらに、等級による割引きも最大60%割引きになっています。サービスの分、他社よりもやや保険料は割高にはなっていますが、それを補うメリットもあるでしょう。遠くまで移動する人には55kmまで無料のレッカー移動はありがたいと思います。あいおい損保はここ数年の不払い問題の渦中にあった会社ではありますが、対応は比較的早めだったとのことです。加入時にはそういうことも頭に入れておいた方がいいでしょう。

東京海上日動のバイク保険

大卒希望者が就職先に最も選びたい企業のトップが東京海上です。これって、けっこう長い間続いていましたよね。その東京海上グループには、さまざまな保険分野が存在します。東京海上日動には現在、インターネット上で詳細を確認できるバイクの任意保険はないようですが、自動車保険に「ファミリーバイク特約」として含まれています。よって自動車保険に入っているのならその特約をつければ十分、ということになります。この特約であれば家族の一人が入っていれば全員に適用されるため、自分で保険に入る必要はなくなります。自動車保険と同じく東京海上の強みとして交渉力の強さと手厚い補償が受けられる点があります。任意保険には自賠責にはない対物補償や人身傷害、自損事故補償もあるので、多少割高でも入っておく方がいいでしょう(人身傷害、自損事故補償はどちらか1つを選びます)。この「ファミリーバイク特約」ですが、残念ながら125cc以上のバイクには対応していません。したがって125cc以上のバイクに乗っている場合は他社のバイク保険を選ぶことになります。東京海上に限らず、「ファミリーバイク特約」の場合は125cc未満のバイク、あるいは原付と、車種は限定されています。また「特約」ですから、自動車保険に入らずに特約だけ契約することは当然できません。それでも東京海上日動がいいというのなら代理店などに直接問い合わせる方法があります。保険も商品なので、儲けの少ない保険はあまり宣伝しないようです。東京海上日動の代理店に問い合わせれば「TAP家庭用」という保険で見積りが取れます。お住まいの地域に東京海上日動の代理店がある場合は直接問い合わせてみるとよいでしょう。

カテゴリー:日記
エントリー:東京海上日動のバイク保険



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。