日記: 安い(格安|激安)自動車保険比較サイト

自動車保険の等級について

自動車保険の契約の中で等級ということばが出てきます。自動車保険の等級についてよく御存じない人が多いと思うので説明しましょう。一般的に私達が自動車保険に加入するときにはノンフリート契約という自動車保険で加入することになります。ノンフリート契約とは契約者が所有または使用する自動車の総台数が9台以下の自動車保険の契約のことを言います。1台につき自動車保険1契約となり保険料はそれぞれの自動車によって違ってきます。ちなみにもしも10台以上であるならばフリート契約の自動車保険に加入することになりその場合は前車が自動車保険1契約で管理されることとなります。自動車保険において等級というものはとても重要です。自分が今何等級で等級が変わるとどうなるのかを確認することは自動車保険の保険料を考える上でとても大切なことです。等級があがるときは毎年1等級ずつ下がる時は1事故3等級ずつです。例えば自動車保険の契約を継続・更新する場合には1等級の人は50%割増になってしまいます。反対に16等級以上の人は60&割引きになります。自動車保険に新規加入する場合には6等級からスタートすることとなります。

カテゴリー:日記
エントリー:自動車保険の等級について

自動車保険・・・Sジャパン

Sジャパンの自動車保険は『One-do』という名前の自動車保険です。「えらぶ」ではなく「つくる」をモットーにした自動車保険Sジャパンの保険。Sジャパンの自動車保険は,ニーズ細分型の自動車保険で『One-do』という名前の自動車保険となっています。このSジャパンの自動車保険『One-do』は業界初の新しい契約プロセスを持つ自動車保険です。「保険をもっと便利に,もっと身近に」をコンセプトにできた自動車保険だとか。ひとりひとりのニーズに合わせて自動車保険を「えらぶ」のではなく「つくる」。これがSジャパンの自動車保険のコンセプトだと言います。Sジャパンの自動車保険『One-do』の契約手続きは完全なキャッシュレスとなっていてとても便利なようです。保険料は保険始期の翌月に口座から引き落とされることとなるため自動車保険の契約時に現金は不要です。Sジャパンの自動車保険『One-do』の補償内容はひとりひとりのニーズに対応ができる補償内容を可能とした「ニーズ細分型補償」です。Sジャパンの自動車保険の主な補償内容は「対人・対物賠償保険」「人身傷害補償保険」「車両保険」「事故・故障代車費用保険」の他に,「人身介護パック」「弁護士費用特約」「他車運転危険担保特約」などもSジャパンの自動車保険の補償内容のひとつです。

カテゴリー:日記
エントリー:自動車保険・・・Sジャパン

今日の自動車保険はS損保の例ですよ

年間走行距離が少ない人で新たに自動車保険をお探しの人にはS損保の自動車保険は如何でしょうか?S損保の自動車保険は特に年間走行が11000キロ以下の人ならば絶対にお得な内容のようですよ。S損保の自動車保険が数多くある自動車保険の中で選ばれる3つの理由というものがあります。一つ目に「保険料は走る分だけなのでお得」というのがあります。S損保の自動車保険は1年間に走る分だけ支払いをすればよいという合理的な自動車保険なのです。二つ目に「S損保の自動車保険はロードサービスが充実している」というのがあります。レッカーは20kmまで無料なので事故だけではなく故障の時にもS損保の自動車保険はとても安心だと言います。三つ目に「安心の事故対応」というのがあります。S損保の自動車保険なら補償もサービスもしっかりしているので納得がいくまで丁寧な対応をしてもらえるのです。S損保の自動車保険が気になっているのなら是非公式サイトで見積りをしてみてください。インターネットからであれば最大3000円がオフになるのも大きな魅力です。次回の自動車保険はSジャパンをご紹介します。自動車保険を選ぶ参考にして下さい!

カテゴリー:日記
エントリー:今日の自動車保険はS損保の例ですよ



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。