日記: 安い(格安|激安)自動車保険比較サイト

自動車保険の保障内容とその適応範囲

自賠責保険、つまり強制保険での保障範囲は人に限られています。最低限度、命の尊厳に対する保障について適応されるだけです。その他の事象については、すべて自腹で修理をしなければなりません。また、自賠責保険で保障される範囲は被害者のみであるため、自分のケガ、車などの「物」には一切保障がありません。また自賠責にも上減額があるため、補えない場合があります。そのため、任意保険と組み合わせる人が多いようです。任意保険でそれぞれ保障される内容をご紹介します。まず自賠責に近い範囲の対人賠償保険。自賠責の上限額を超えた場合に支払われ、また事故の過失に関わらず減額がありません。ただし、この場合に支払われる対象は、あくまでも「他人」に限られます。続いて車や物への賠償責任を負った場合に支払われる対物賠償保険。これも相手側への保障です。では自分への保障はというと、搭乗者傷害保険、自損事故保険、車両保険が該当します。搭乗者傷害保険は、搭乗中の人のケガに対して支払われます。搭乗者には同乗者も含みます。主に単独事故などで怪我をした場合に適用される自損事故保険は、対人賠償保険とセットになっていることが多いです。車両保険に契約しておけば、自分の車の修理代が保障されます。車両保険には単独事故や当て逃げなど、保障される範囲によっていくつか種類があります。自分が対人賠償保険に加入していても相手は加入していない場合もあります。この「無保険車」との事故の場合には無保険車傷害保険が支払われます。以上の保険を個別に加入することもできますが、セットで加入する方法もあります。対人、対物、搭乗者障害、自損事故、無保険車障害、車両保険6つセットのSAP。SAPから車両保険を抜いたPAP。対人、対物、車両いずれかと他の保険との組み合わせのBAPの3種類です。車は持ってないけどレンタカーには乗るという人にはドライバー保険があります。ドライバー保険も複数の保障があるセット商品です。保険そのものの範囲のほかに、契約者の家族にも保険を適用させる保障状況の範囲を広げることも可能です。

カテゴリー:日記
エントリー:自動車保険の保障内容とその適応範囲

自動車保険/自賠責保険と任意保険

自動車損害賠償責任保険(じどうしゃそんがいばいしょうせきにんほけん)、略称自賠責保険(じばいせきほけん)とは、自動車損害賠償保障法によって、自動車および原動機付自転車を使用する際に加入が義務づけられている損害保険。強制的な加入が義務付けられていることから、俗に強制保険とも呼ばれる。車の車検を受けるためには、その車検期間に有効な自賠責保険に加入していなければならない。なお、自衛隊、国連軍、在日米軍、農耕作業の用に供することを目的として製作した小型特殊自動車の車両は自賠責保険の付保は要しないとされている。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

===============================================================

自賠責保険は強制加入が義務付けられている保険です。そのため、NO!ボクは入りたくない…と言う訳にはいきません。ところが、並存している任意保険は、今のところ、強制加入の必要は認められていません。まあ、良識あるごく普通の人であれば、ちゃんと入ると思います。自賠責保険の掛け金は法律で決まっているので、離島等一部の地域を除けばどこも同じです。問題は任意保険ですが、こちらは会社ごとに大きな特徴が出てきますので、いくつか参考例を出して説明します。たとえばJAの自動車共済。自賠責、任意の両方に加入すれば7%の割引になったり、無事故期間による割引が他社より多い最大62%であることで、合わせて7割近く保険料が安くなります。農業用の車両ならさらに7%引きです。そのかわり組合員用なので加入枠の空きがある、あるいは出資金を出して准組合員になる必要があります。保険料は少し増えますが、一般の保証に加えて、他のサービス、特約が欲しいのなら東京海上日動が充実しているようです。共済以外で基本的な保険料を安くしたいのなら代理店を介さず直接契約できるチューリッヒ、ソニー損保などがお勧めです。特にチューリッヒは日本初のインターネットでの保険見積もり、契約サービスを始めた会社で、顧客満足度は4年連続第1位となっています。他にも、保証内容のわかりやすさや、手続きの手軽さ、顧客の求めるサービスを選択できる保険を売りにする会社もあります。これらも保険料を下げるための各社の取り組み、といえます。各社の保険料を比べたい場合は、資料を請求、補償内容や特約など、必要なサービスをきめた上で見積もりを取るとよいでしょう。また、多くの会社の見積もりを比較、検討したい場合は、一括見積もり請求サービスを利用すると楽です。

カテゴリー:日記
エントリー:自動車保険/自賠責保険と任意保険

自動車保険は転ばぬ先の杖…保険の種類

すべての保険はみんな「転ばぬ先の杖」なのですが、もっとも現実的に顕現するのが自動車保険です。加入しておらずに事故ったら、即人生は終わりです。これは別段比喩ではありません。現実です。管理人は現実に人身事故を起こした経験があります。幸い、相手の方はごく軽傷であり保険にも加入していたので、大事に至らずに済みました。それにしても、事故を起こすことは本当に大変なことなのです。たとえ、それが貰い事故でも同じです。自動車保険には必ず入っておきましょう。そのありがたみの一番判るのが自動車保険そのものなのです。自動車保険には大きく2種類あり、加入が義務付けられている自動車損害賠償責任保険、いわゆる自賠責保険と任意自動車保険(任意保険)に分けられます。自賠責保険は万一の事故の時、被害者や遺族に払う賠償金を確保するためのものです。保証される金額は、傷害で最高120万、死亡の場合最高3000万、重度後遺障害で最高4000万円です。法律で義務付けられているので加入しないと車検も通らず、加入していても自賠責保険証を車に所持していなければ罰金になってしまいます。車を動かすだけならこれだけで問題はありません。ただ、自賠責保険は人身事故のときに適用され、車等の「物」や「自分自身の怪我」には一切適用されません。また、上限額が決まっているので、それを超過した場合は自分で払わなければなりません。そのために入るのが任意保険ですが、これにはいくつか種類があります。事故で怪我をさせたり死亡させた場合に、自賠責保険を超える額を保証する対人賠償保険。他人の車や物などの損害に対する対物賠償保険。運転者、同乗者問わず、車に乗っていた人を対象に支払われる搭乗者傷害保険。単独事故などで怪我をした場合に支払われる自損事故保険。相手が無保険だったり当て逃げされたり、といった「無保険車」との事故で十分な保証が受けられない場合の無保険車傷害保険。偶然の事故で自分の車が損害を受けたとき、修理代が支払われる車両保険。少し難しいかもしれませんが、基本的には「どんな事故で誰が、または何が」保証されるか、というだけのことです。また、これらのいくつかをセットにしたものや、人身傷害補償保険と呼ばれる「完全保証タイプ」も販売されています。保険料はその分割高ですが、補償は十分です。自動車保険に加入する重要性はお解り頂けたと思います。しかし、それにも増して大切なことは、「車は走る凶器だ」と、運転者自身が認識することです。自分だけが気をつけていても、貰い事故ですら起きる可能性は大の現代です。保険に入ったから安心するのではなく、充分に気を引き締めて車のハンドルを握って頂きたいと思います。



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。