日記: 安い(格安|激安)自動車保険比較サイト

JA自動車共済保険

農協、つまりJA共済は安心の保険会社として知られています。このJAが出している自動車保険もとても安心なサービスの自動車保険で人気です。JAの自動車保険は「自動車共済」という名前で呼ばれています。このJAの自動車保険に加入する際には、合わせてJAの自賠責の自動車保険とセットで加入すると、自動車共済がさらにお得になるシステムになっています。JA共済というものは、「助け合い」の精神から生まれているため、営利を目的とはしていないのです。そのため、JAの自動車保険などについても、納得のいく掛金となっています。また、 JAの自動車保険は、JAの自賠責保険とセットでの加入であれば、対人賠償掛金が7%割引となります。JAの自動車保険では、車両保障と対物賠償とセットで加入すると車両保障・対物賠償のそれぞれの掛金が約7%割引となるので、とてもお得な契約となります。また、JAの自動車保険で無事故を継続すると、最大20等級までの無事故割引等級が適用され、自動車保険の掛金が最高62%まで割引かれることとなります。また、この無事故による割引は保険会社等からの切り替えにも適用されます。JAの自動車保険なら、2台目以降から新規加入がお得になるサービスもあります。

カテゴリー:日記
エントリー:JA自動車共済保険

三井ダイレクトの自動車保険

原油価格が値上がり不安定なため、車を控えるケースが増えています。夏休みは終わりましたが、景気の回復感はまったくありません。無責任な総理大臣が勝手に辞めたい病に憑りつかれ、またぞろ陣笠代議士が右往左往して親分選びを始めました。政治不信は今更ではありませんが、こんな世の中だからこそ、確かな転ばぬ先の杖である自動車保険についても、安全確実な商品を選択したいものです。自動車を運転する人ならば、誰もが知りたい自動車保険。三井ダイレクトの自動車保険についてのお話です。三井ダイレクト損保の自動車保険には、さまざまなサービスの面が安心できる内容となっていて、しかも三井ダイレクト損保の自動車保険の保険料はとても納得の行くものとなっています。まず、三井ダイレクト損保の自動車保険では、対物保険が無制限となっています。これは、万が一の場合に備えて、対人賠償保険と同様に対物賠償保険も補償を無制限にすべきだという三井ダイレクト損保のススメに基づいています。三井ダイレクト損保の自動車保険なら、賠償金がどんなに高額にのぼってしまっても安心なのです。また、三井ダイレクト損保の自動車保険には、対物超過修理費用特約というものがあります。この特約を自動車保険に付加することで、相手の車の修理費が時価を超えて、その差額をこちらが支払う場合でも、保険金が支払われるのです。さらに、三井ダイレクト損保の自動車保険では、対歩行者傷害補償特約というものもあります。これは、トラブルになることの多い歩行者との事故の際に、この特約が自動車保険に付加してある場合は、自分の過失割合にかかわらず、相手の損害の全額を補償してくれる自動車保険の特約となっています。

カテゴリー:日記
エントリー:三井ダイレクトの自動車保険

損保ジャパンの自転車保険をお勧めします!

今回も自転車保険をご紹介しましょう。と言うのも、自転車による事故は現在増え続けています。あなたの街の駅前を想像して下さい。ほとんどを自転車に占領されていますよね。その停め方は、半ば暴力的でもあります。歩道の点字ブロックは、目の不自由な方が頼りにするものです。暴走自転車を所持する連中は、そんなことはお構いなしです。縦横無尽にあたり構わず停めまくっています。傍若無人な振る舞いは、当然のように点字ブロックなど完全無視します。ホンとに、常識無き連中ばかりなのです。そのような中、自転車による事故が激増することで、自転車保険の重要性が論議されるようになりました。今回は、損保ジャパンの自転車保険についてご紹介します。損保ジャパンの自転車保険は自転車総合保険という名称で、基本的には家族型になります。ですから、一人が加入すると、その方とその家族、つまり配偶者や同居の親族、別居の未婚の子供も被保険者ということになります。総合保険ということで、傷害、賠償責任保険がセットになっている便利な保険です。損保ジャパンの自転車保険は、損保ジャパンの代理店などで取り扱われていますので、代理店経由でインターネットからの資料請求が可能になっています。損保ジャパンの自転車保険では、傷害事故に関しては、国内における自転車搭乗中の偶発的かつ急激な事故、搭乗していない時に自転車から接触、衝突された事による事故の際に保険金が支払われます。故意の事故、酒酔いなどの心神陶酔状態での事故は含まれません。賠償責任保険においては、搭乗中に誤って他人をはねてしまう、他人の私財を損壊させてしまうなどの事故を起こした場合に、保険金が支払われます。保険料は一時払いで、お勧めとされる保険料のパターンは、1年間で3480円、5790円、8560円となっており、金額が上がるほど補償は手厚くなります。3年契約にすることで年間の保険料を抑えることもできます。自転車に保険は大げさかもしれませんが、自転車はもっとも人に近い場所を走るので、万一のことを考えて入っておくことをお勧めします。



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。