自転車保険…凶器と化す混雑時のママチャリの恐怖!: 安い(格安|激安)自動車保険比較サイト

自転車保険…凶器と化す混雑時のママチャリの恐怖!

数回に渡って自動車保険から離れ、バイク保険について説明してきました。原油の値上がりによりガソリン代の高騰が続く昨今、元々燃費の良いバイクが注目されています。しかし、車と違ってバイクは身体がむき出しです。その分、走る爽快感もあるのですが、危険度合いは自動車を遥かに凌駕しています。そのため、バイク保険の重要性も増しています。今回は、更にその存在すら確立していない、自転車保険についてご紹介したいと思います。あるんですよー、自転車保険って。そして、バイク事故よりも多いのが、自転車による事故なのです。混雑時、商店街を走り抜けるママチャリにドキっとしたことがある人は多いはずです。前籠に買い物、後ろにわが子、おまけに片手に傘…そんな危険なママチャリが走り回っています。自家用車などと比べたらはるかに普及が進んでいないのがバイク保険ですが、自転車保険となりますとさらにそれらを下回る普及率で、そもそも存在を知らない人も多いのかもしれません。しかし、自転車との事故で人も亡くなってる以上、自転車保険についても必要性を認識していただきたいと思います。自転車保険はその名の通り自転車での事故に対応した保険です。たかが自転車に大げさだと思われるかもしれませんが、自転車も用途によって様々あります。特にスピード重視のロードバイクなどでは事故がバイク並の大惨事になりかねません。ヘルメットなども十分に普及していないため、万一の場合のケガは大きくなるおそれがあります。他にも車に追突された場合など、自分以外の原因で事故が起こることも多いため、自転車とはいえ保険に入る必要も出てくるでしょう。自転車保険には傷害保険と賠償責任保険の2種類あり、傷害保険は自転車事故で自分が負傷した場合、賠償責任保険は自転車事故で相手に被害を与えた場合にそれぞれ補償する為の保険です。自動車保険に比べれば保険料が安い分保険金は安いですが、それでも補償が受けられる分未加入よりいいでしょう。特に賠償保険は被害者への補償なのでこちらだけでも入っておきましょう。残念ながら2004年以降多くの会社が撤退してしまったようですが、生命保険や自動車保険などに特約としてつけられるケースもまだ残っています。もちろん自転車保険を単独で扱っている会社もあるので、この機会に加入してみてはいかがでしょうか?



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。